【もしもアフェリエイト】W報酬制度のボーナス報酬(12%)はお得なのか!?

こんにちわ、マーシー(@M_hamaaa)です。皆さんはアフェリエイトでは定番のASPサイト「もしもアフェリエイト」が採用している【W報酬制度】はご存じですか?

もしもアフェリエイトは知っているけど「W報酬制度って何?」という方、これからアフェリエイトを始めようと思っている方へ向けてW報酬制度の内容を解説します!!

【もしもアフェリエイト】W報酬制度とは

W報酬制度は通常報酬とは別に「12%のボーナス報酬」が受け取れる制度です。通常報酬は成果が承認される度に発生しますが、ボーナス報酬は月末の成果報酬全額に対して決定されます。

しかもこの制度の良いところは「もしもアフェリエイト会員」であれば誰でも対象になるところです。無料会員登録をした時点で「W報酬制度」の対象になれます。

\ TRY NOW  /

もしもアフェリエイト
https://af.moshimo.com

W報酬制度の詳細

受取日月末締め翌々未払い
ボーナス額成果報酬の12%
対象者もしもアフィリエイト会員
支払い方法受取日に月間報酬と合算して振り込み
※受取日が金融機関休業日である場合、前営業日に振り込み

W報酬制度の対象外プロモーション

W報酬制度には対象外のプロモーションもあります。この部分は知っておかないと「あれ?成果報酬にボーナス報酬が加算されていない?」ということになりますので注意してくださいね。

対象外のプロモーション
・Amazon.co.jp
・楽天グループ

もしもアフェリエイト公式サイトにも記載はされていますが「Amazon」「楽天グループ」のプロモーションに関してはW報酬制度の対象外になります。

W報酬制度の落とし穴

W成果報酬として12%のボーナス報酬を貰えるのはとても良い制度ですが、成果報酬型アフェリエイトの中でも成果が出やすい大手ECサイト「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」では落とし穴がありますので注意してください。


落とし穴①

大手ECサイト3社中の2社が対象外!?

上記にも記載していますが、W報酬制度の対象外に大手ECサイトが2社も入っています。成果報酬の対象になりやすい「Amazon」「楽天市場」だからこそ対象外なのは残念ですよね。


落とし穴②

Yahoo!ショッピングの成果報酬が低い!?

大手ECサイトのなかでも唯一対象になる「Yahoo!ショッピング」ですが、もしもアフェリエイトでの成果報酬の低さに気が付かないと、大きな落とし穴にハマることになります。

成果報酬を計算してみた結果

10,000円の商品購入通常報酬 0.77%ボーナス報酬 12%
Yahoo!ショッピング77円9.24円

もしもアフェリエイト経由の「Yahoo!ショッピング」で10,000円の商品が購入された場合の成果報酬金額はW報酬制度のボーナス報酬を入れて「約86円」になります。

では、他のASPサイトと比べてW報酬制度がどれくらいお得なのか検証してみたいと思います。「バリューコマース」と同じ内容で比較検証した結果がこちら。

10,000円の商品購入 通常報酬 0.93% ボーナス報酬 なし
Yahoo!ショッピング93円 0円

「あれ?」と思いませんか?バリューコマースでは「Yahoo!ショッピング」の成果報酬が0.93%あるので、ボーナス報酬がなくても10,000円の商品購入で「93円」の成果報酬金額になります。

もしもアフェリエイトでは「Yahoo!ショッピング」の成果報酬が他のASPサイトと比べて安く設定されています。なのでW報酬制度のボーナス報酬を入れても成果報酬金額が安いということになるんですね。


W報酬制度を上手く使い分けるコツ

もしもアフェリエイトの「W報酬制度」を上手く使い分けるコツとして大手ECサイトは除外して考えることです。各ASPサイトによって商品の成果報酬が違うので、どこが一番成果報酬が良いか比較してから広告を使い分けるようにしましょう。

\ TRY NOW  /

もしもアフェリエイト
https://af.moshimo.com

バリューコマース
https://aff.valuecommerce.ne.jp

それでも業界最高水準の12%

もしもアフェリエイトの公式ページでも紹介されているように「業界最高水準」のボーナス報酬はとても魅力的です。もちろん大手ECサイト3社は別で考える必要はありますが、それでも業界最高水準の12%!!

これからアフェリエイトを始める方は「もしもアフェリエイト」に無料会員登録をして、W報酬制度を上手く活用しよう!!