mixhostで「ads.txt」をアップロードする手順

「ads.txt」について

mixhostを利用して「ads.txt」のアップロード手順を紹介します。Google AdSenseにログインして「要注意 – ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」の表示が出ている方は「ads.txt」をルートレベルのドメインにアップロードする必要があります。

下記の引用内容にも記載されていますが、必須ではありません。ただGoogleで推奨されている以上は解消しておいた方がいいでしょう。

ads.txt または app-ads.txt の使用は必須ではありませんが推奨されます。使用すると、特定のドメイン、アプリ、動画から配信されたと見誤らせるような偽の広告枠から自社のブランドを保護できます。認定販売者を宣言することで、偽の広告枠に奪われる可能性のあった広告収益を確実に受け取れるようになります。

引用 : Googleアドマネージャーヘルプ

mixhostで「ads.txt」をアップロードする手順

ファイルをダウンロード

Google AdSenseに表示されている警告画面の左下に「ダウンロード」ボタンがありますのでクリックしてアップロードに必要なAdSense運営者ID が含まれている「ads.txt」をダウンロードします。

メモ帳 (.txt) 保存

メモ帳の「名前を付けて保存」を利用して、名前にadsを付けて(.txt)で保存します。パソコンのデスクトップに「ads.txt」ファイルができれば準備完了です。

ファイルマネージャーにアップロード

mixhostにログインしてcPanelを開きます。ファイルの中に「ファイルマネージャー」がありますのでクリックします。

ファイルマネージャーの中に入ったら画面左に「public_html」フォルダがありますのでクリックをします。

「public_html」フォルダをクリックすると表示されるドメインフォルダを選択して、画面上部にある「アップロード」をクリックします。

アップロード画面に切り替わりますので、先ほど「メモ帳」で作成した「ads.txt」ファイルをアップロードします。

左下のメーターが100%になればアップロード完了です。ファイルマネージャーに戻って、無事アップロードが完了していることを確認しましょう。

確認作業

ファイルマネージャーに戻ってドメインフォルダの中に「ads.txt」が入っていれば無事アップロードが完了になりますが、念のために検索エンジンからも確認します。サイトのURLに「/ads.txt」を追加して検索をかけます。

「https://●●●.jp/ads.txt」という感じです。検索をかけて画面にAdSense運営者ID が含まれている「ads.txt」が表示されれば確認もOK!! です。

アップロードが完了してからGoogle AdSense画面の要注意表示が消えるまで数日かかりますのでご注意下さい。

MIXHOST関連記事!!