浄水器と整水器の違いについて解説!!水道水って実際どうなの!?

浄水器、整水器に関してさまざまな商品が販売されています。水道水はそのまま飲みたくないから、飲めるようにしたい!!でも「浄水器と整水器の違いって何!?」という疑問を解消するために、浄水器と整水器の違いについて詳しく解説してみたいと思います。



浄水器、整水器が必要な理由とは

そもそも何故家庭に「浄水器や整水器が必要なのか?」というと、浄水場から各家庭に水を届けるまでに殺菌のため「塩素」が使われています。この塩素こそが問題なのです。浄水場や下水処理場の消毒で使われる塩素と、水中に存在するフミン質などの有機化合物の反応で生成される「トリハロメタン」はヒトに対して発癌性が指摘されています。

その他にもアンモニアなどの物質と結合して発生する「カルキ臭」や、水道管に含まれる金属サなどの有害物質も水道水として家庭に運ばれてしまいます。日本の浄水技術は世界でもトップクラスと言われているので、水道水も世界で見ればとても安全な水と言えます。しかし、水道水をより安全に飲むために「浄水器や整水器」が必要ということなんですね。

null
水道水から「カルキ臭」がしたり、少しサビの味がすることがあるのは、浄水場から各家庭に水が運ばれる過程に原因があるんだね。

浄水器について

浄水器にはどんな性能があるのか?」について、浄水器には蛇口取付タイプ、卓上タイプ、元栓取付タイプなどの種類があります。性能についても種類によって様々ですが、ここでは一般的な「浄水器」の性能について説明します。

浄水器とは、簡単に言うと「ろ過をする機器」のことです。水道水を活性炭などの浄水フィルターに通してろ過することで、残留している塩素や水道管を通して水が運ばれる過程で混入した不純物を除去してくれます。

整水器について

整水器にはどんな性能があるのか?」について、整水器には蛇口取付タイプ、卓上タイプ、アンダーシンクタイプなどの種類があります。こちらも種類によって性能は様々ですが、整水器からは電解水素水のほかに、酸性水・浄水も生成することが可能なんです。

整水器とは、浄水器と同様に水を浄化したあとに電気分解して水自体の性質を変化させる機器のことです。電解水素水は飲用や料理用などに、酸性水は洗顔や洗い物などに、浄水は薬の服用や赤ちゃんのミルクなどに、整水器は使用する用途に合わせて水自体の性質を変化させることができるんですね。

浄水器と整水器の違いについて

浄水器と整水器の違いについて簡単な表を作成しました。一番の違いは水自体の性質の違いということが分かると思います。水道水を浄化させる性能は浄水器も整水器も同じですが、浄化後に電気分解を行うのが整水器ということですね。

性質pH塩素処理方法
整水器電解水素水
酸性水
浄水
アルカリ性
(9.0~10.0未満)
除去 水道水を浄水後に電解分解
浄水器浄水ほぼ中性 除去 水道水を浄水
水道水ほぼ中性から弱酸性 含む
null
浄水器と整水器の違いは、浄水後に電気分解をするかしないかの違いなんだね!!

まとめ

人間の体って、ほとんどが水と言われています。私たちの体に欠かせない水をより安全に美味しくするために、浄水器や整水器があるんですね。そんな浄水器や整水器には様々なタイプがあります。価格も性能もタイプによってバラバラですが、本来の目的は「より安全に美味しく水を飲む」ことだと思いますので、自分の用途にあった製品を選ぶようにしましょう!!