【高速表示必須】画像データを最適化「EWWW Image Optimizer」で一括圧縮!!

 
マーシー
この記事ではプラグイン【EWWW Image Optimizer】を使用して画像データを最適化する方法について紹介しているよ!!

プラグイン「EWWW Image Optimizer」を使用して画像データを最適化する方法

WordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」について紹介したいと思います。この「EWWW Image Optimizer」を導入することによって、主に画像の一括圧縮やWebP画像の作成及び表示をすることができます。

新しくアップロードした画像やアップロード済みの画像も一括で適切に圧縮してくれます。画像を最適化することで重くなりがちな画像ファイルが軽くなり、ページの表示速度改善が望めます。

インストール方法

プラグイン新規追加の検索窓に「EWWW Image Optimizer」を入力して検索します。

設定方法

インストールが完了したら設定に進みます。インストール済みプラグインの中に追加された「 EWWW Image Optimizer 」の「設定」をクリックして設定変更を行います。基本的な変更箇所は「Convert」の1箇所でが、「Basic」の確認もしておくと良いです。

Basic

「Remove Metadeta」にデフォルトでチャックが入っているかの確認をします。

Remove Metadetaにチェックを入れておくことで、画像に含まれる不要なデータ (撮影場所、日時などの情報) を自動で削除してくれます。このメタデータを削除することにより、画像のファイルサイズ削減になります。

Convert

「コンバージョンリンクを非表示」にチェックを入れて「変更を保存」ボタンをクリックします。

コンバージョンリンクを非表示にチェックを入れることで、拡張子が勝手に変更されないようにできます。これは一括最適化などの際に拡張子が変更され、画質が下がってしまうことを防ぐ為です。

プラグイン「EWWW Image Optimizer」の基本的な使い方

新規画像はアップロード時に自動で圧縮してくれます。

画像圧縮率の確認は、メディアの中にある「ライブラリ」をクリックすると、画像最適化の部分に表示されます。% / KB で表示されるのでとても分かりやすいですね。

画像データの一括最適化

すでにアップロード済みの画像も一括最適化で圧縮することができます。

メディアの中にある「一括最適化」をクリックすると、一括最適化の画面に切り替わります。画面の下部にある「最適化されていない画像をスキャンする」ボタンをクリックすることで一括最適化することができます。

次世代フォーマット「WebP」の実装

「 EWWW Image Optimizer 」では次世代フォーマット「WebP」を簡単に実装することができます。ページ高速表示には欠かせないフォーマットでもあります。まだPNG/JPGで表示をされている方は「WebP」を試してみてはいかがでしょうか。詳細については別のページで紹介しています。

次世代フォーマット「WebP」をプラグインで簡単に実装する方法!!